ART SPACE NIJI 虹ロゴ
展覧会情報 スケジュール
過去の展覧会
トップページへ
レンタルギャラリー
アクセス
リンク
2017年9月の展覧会スケジュール
8月|10月

8月29日?9月3日

出口 朝子展
NOTE』/ Asako Deguchi

イメージ
毎日すこしずつ描く。
日常をすこしずらす。

note…覚書き、音色、(鳥の)さえずり、音符、(隠れているが本質的な)要素、態度…etcの意味。

作家略歴

1975年 石川県金沢市生まれ
1997年 京都精華大学美術学部日本画専攻卒業
2001年 兵庫県西脇市サムホール大賞展入選
2004年 個展(アートスペース虹、京都)
2006年 個展(ギャラリー山口、東京)
2007年 グループ展出品(LuxGallerie、東京)
2008年 グループ展出品(LuxGallerie、東京)
2009年 個展(アートスペース虹、京都)
2012年 個展(アートスペース虹、京都)
2014年 個展(アートスペース虹、京都)
2015年 個展(アートスペース虹、京都 )
2016年 個展(アートスペース虹、京都)、 堂島リバーアワード入選

9月12日〜17日

申 芳礼 展「 黄金線 」

イメージ
原始、人は宇宙との交信手段として線を描いた。
近代、人は自由に想像を創造する手段として線を描く。
人は、この世に有るものや無いものとのコミュニケーションを欲望し、知りたい、願いたい気持ちを線に乗せて、放ち、捕まえようとする。

その線のたどり方を凝視するならば、線の線が見え、色がその個性を表す。
「繋がる」「続く」「残る」線が生まれたその痕跡やそれぞれの色の交信は、抽象的な関係から独立し、翻訳され、こちらにに語りかけてくる。
線は線自身によって描かれ生き残る。そこに計算と乾いた答えはない。湿度を生み、ヴォリュームが生まれ、発展し、変身する。
線は絶えず治療と治癒を促し、自らを再構成し、自由な未来を切望している。今は動かずじっと待っていなくてはならない。丁寧で優しい眼差しが必要である。
線は遠くて近い自身の宇宙への接近であり、神経を自由空間へ解放するものである。

私たちは今日までよく戦い生き残ってきた。
血と骨のために血と骨と、愛する者のために愛する者と、思い出のために思い出と、悲しみのために悲しみと、日常のために日常と、生きる場所のために生きる場所と、歴史のために歴史と、希望のために希望と、自由のために自由と、よく戦い生き残ってきた。

作家略歴

1970年長野県生まれ。高校卒業後、祖国韓国へ渡る。延世大学新聞放送学科を卒業。日本に戻り数年間の様々な社会経験を経て、独学で美術を始める。日本・韓国・フランス、現在はロンドンにて居住し制作を続ける。絵画、オブジェ、インスタレーション、映像。

8月過去の展覧会へ|10月
art-niji@onyx.ocn.ne.jp